【魯迅故里の観覧案内】
2017-02-09

 

【魯迅故里の観覧案内】

 

魯迅故里観光地は年間無料参観できる観光地である。

一、無料開放観光地

魯迅祖居、三味書屋、魯迅旧居(百草園、魯迅文書の風情園)、魯迅記念館

   

二、無料開放時間:8:30-17:00

  

三、参観方法

1、個人客、団体客

本人のパスポートを以て三味書屋、魯迅故居、魯迅祖居各観光地の入り口へ行ってパスポートを以て参観とする。パスポートの無い未成年者のため、大人1名は2名の未成年者を連れて同行可能とする。観光客を便利させるため、魯迅祖居の入り口を観光客センターに調整し、観光客センターに入ってパスポートを持ってご参観ください。旅行会社の団体客は個人客の参観方法に従う。

2、学生団体

学校の紹介レターを以て観光客センター1号窓口で「学生団体参観券」を両替してからご参観下さい。数学校の集中参観を回避するため、各学校は事前に予約して下さい。予約電話:0575-85132080

 

 四、観光地積載制約

    魯迅故里は観光地開放特徴及び常年観光客の接待状況により、各観光地の瞬間最大積載量に対して測定や清算し、それぞれは魯迅旧居2000人、魯迅祖居405人、三味書屋395人、魯迅生涯事跡陳列庁1530人、魯迅故里歴史街(東側から中興町より始めて、西側は新建町にまでとする)2500人である。観光客は各観光地の電子ディスプレーを通してタイムリーデータを大まかに見ることが可能で、データによって参観のスポットをご選択下さい。