魯迅故里
2017-02-09

魯迅故里とは魯迅先生の誕生や青少年時代に生活した故郷であり、今は全国の100箇所赤色旅行代表観光地、全国重点文物保護場所、全国100箇所愛国主義教育模範基地、国家AAAAA級観光地、初回20箇所の「全国研究教学模範基地」の一つになっている。

今紹興市区において最も完全的に、最も文化内容のある古代都市水郷代表風貌のある歴史町の一つとして、資源は独特で、魯迅故居、百草園、三味書屋、魯迅祖居、土谷祠、長慶寺、魯迅作品にある風情園、魯迅終生事跡陳列庁などたくさんの魯迅先生と関連のある人文古跡を有して、幅広い観光客より魯迅作品を読み取り、魯迅作品の風情を味わい、魯迅当年生活を感受する真実な場所である。

   2008年6月に、中宣部等文書精神により、魯迅故里観光地は全体無料開放を実行し、年間に接待観光客人数は200万回であり、紹興へ観光に到来する観光客の絶対に行かないといけない場所になってくる。

魯迅故里俯瞰図

魯迅記念館

  魯迅記念館は総敷地面積が6000平方メートル、総建築面積が約5000平方メートルである。これは「旧部屋、新空間」との設計理念を以て、該当地区にある伝統町の統一性を維持している。記念館外部は紹興の台門建築形式であり、主要入り口は紹興の伝統的な竹糸台門を採用している。「魯迅終生事跡陳列館」は編年体形式を採用とし、時間を序とし、全面的に魯迅先生の一生業績及び思想発展軌跡を反映する上に、魯迅先生と故郷紹興との関係を重点的に反映し、鮮明的な紹興地域特色が溢れている。

紹興魯迅記念館の入り口                                                                      魯迅記念館の内部景色


魯迅記念館序庁                                                                 魯迅記念館陳列角

魯迅旧居(周家新台門)

   魯迅旧居は清代嘉慶年間に建造され、建築は三部分が分けられ、台門闘、大庁、側屋及び雑屋等より構成される。1881年9月25日に魯迅先生はここに誕生し、有名的な百草園はこの中にある。魯迅先生はここで彼の子供と少年時代を過ごして、たくさんの味わえば味わうほど味が出る足あとが残されている。

紹興魯迅故居


百草園

  百草園は元々周家新台門族人より共有された荒れすたれた野菜園である。魯迅は有名な散文『百草園から三味書屋へ』との文章の中に「うちの家の後ろ側にとても大きな園地があり、伝説によると百草園と呼ばれた。……この中にたしかに野草しかないが、当時に僕の楽園だ」と回想された。百草園の中に短い泥壁、緑の野菜、すべすべしている石造りの井フェンス、高い木、紫赤色な桑の実…一々と目の前に現れ、子供時代の魯迅先生がここで蟋蟀を捕まえたり、ムカデを探したり、ラズベリーを採ったり、ツルドクダミを抜けたりする場面を連想させる。

百草園

石造り井フェンス                                                                                                              泥墙根

三味

 

 三味書屋は当時の紹興都市内にとても有名的な私塾である。魯迅は『百草園から三味書屋へ』の中に「門から出ると東へ向かうと、500メートル以下に歩いて、石橋を跨ると、僕の先生の家に着く。黒く塗れた竹門から入ると、三番目は書斎である。真ん中に三味書屋との横額が掛けられた...」と書かれた。魯迅は12歳からここで勉強して、約5年の時間を過ごした。

三味書屋の外部風景                                                                                    魯迅の座席


三味書屋の内部風景                                                                                 三味書屋後ろの庭園

 

魯迅作品にある風情園

魯迅作品にある風情園は環境が優雅で古跡の雰囲気が溢れて、古城において最もよく保存された庭園式台門である。順番通りで「紹俗祝福」、「越俗漫話」、「迎神試合」、「男女結婚式」等四大主題陳列館を設立している。これは魯迅作品にある人物、風俗を担体とし、紹興にある独特な風土と人情をいきいきと再現している。

紹俗祝福                                                                                      迎神大会

男女結婚式                                                                                                         水郷村芝居

魯迅祖居(周家老台

 周家老台門は清代乾隆年間に建造され、魯迅祖先が世代より居住している場所である。これは道路の北側に建てられ南向きになって、青レンガで壁が白くて、レンガと木材より構成される。門庁、大庁、香火堂、座楼等より構成され、今現在に紹興において最もよく完全的に保存された清代台門建築のひとつになっている。「徳寿堂」とは周氏家族が来賓接待、冠婚葬祭等大型勝活動の場所である。


台門闘                                                                                                 徳寿堂


香火堂                                                                                                            西堂前